頭痛

頭痛
頭痛がひどくなるとイライラしたり気分も落ち込んでしまうものです。
大事な仕事が控えていたり子どもの行事やイベントがあり休めないときには、痛みを我慢しながら出かけなければなりません。

頭痛の原因には様々な種類がある

風邪による頭痛

頭痛の原因には様々なことが考えられ、その一つ目が風邪によるものです。
頭痛の原因が風邪によるものであれば、そのほかに発熱や鼻水、のどの痛みなどのほかの症状が同時に出ていることがほとんどです。 頭痛だけの場合には風邪以外のことが原因であると考えましょう。
睡眠不足による頭痛

睡眠不足による頭痛

二つ目は睡眠不足によるものです。
睡眠の質が悪いと偏頭痛が発生し、緊張型頭痛が発生します。
頭痛がすることで睡眠が妨げられているのであれば群発頭痛と言えるでしょう。

朝起きた時に頭痛を起こす場合には、いびきや睡眠時無呼吸症候群などによって頭痛が発生している可能性もあります。
これらは睡眠時に酸素が正常に脳に届かないためにおこるものであり、睡眠時間や睡眠の質を見直してみることが大切です。

気候の変化による頭痛

三つ目が気候の変化によるものです。
これは気圧や気温、湿度などの変化によって、自律神経や血管の血流に影響が及び、片頭痛をひきおこすものです。
特に梅雨や台風の時期には肩凝りや頭痛などを起こすことが多く、これは筋肉の疲労が蓄積することによります。

生理痛による頭痛

四つ目は生理痛で、ホルモンバランスが崩れることによって女性ホルモンの分泌が低下することによって発生します。

二日酔いによる頭痛

五つ目の原因が二日酔いによるものです。
脳細胞が脱水症状の状態に陥ることが原因とされています。
アルコールを過剰摂取することにより血流が促され、それに伴って体温が上昇します。
体温を正常に戻すために体の中から水分を奪って、それと同時に脳細胞からも水分を奪うことになるので頭痛がひきおこされます。

ストレスで発生する場合には片頭痛と緊張性頭痛がありますが、ストレスによって収縮した血管が拡張することで発生するものが片頭痛です。
ストレスで筋肉が硬くなって血行不良により発生するものが緊張性頭痛です。
二日酔いによる頭痛

肩こりによる頭痛

そして最後に肩こりなどによって頭痛が発生しているケースです。
肩と頭部はつながっているため、肩の血行が悪く肩凝りが生じているときには、その肩にかかる負担が脳にもかかることになります。特に1日中パソコンに向かうような作業をしている場合には、根本的な原因であるコリをほぐして全身をゆるめる治療が必要になります。

頭痛の痛み、肩こりを解消するなら


はりきゅう接骨院 姿勢堂 にお任せください。