骨盤矯正 産後骨盤矯正

  • TOP
  • 症状
  • 骨盤矯正 産後骨盤矯正
近年では骨盤矯正という言葉が当たり前のように聞かれるようになりました。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ非常に重要な部分であり、体の重心に位置しています。

体のバランスを取るだけではなく、子宮などのたくさんの内臓を支える働きも担っています。

もしも左右どちらかの同じ側にカバンをかける、足を組む、片足に重心をおいて立つ、ハイヒールを履くなど、日常的にこのような癖や偏った姿勢をとっているのであれば、骨盤のゆがみが生じている可能性が高いでしょう。

生活スタイルの変化で骨盤のゆがみが深刻に

また近年では生活スタイルが変化したことによって、筋力が低下してしまい、昔の日本人に比べると骨盤のゆがみが深刻な状態であるといえます。

その中でも特に妊娠中の女性は、妊娠時特有のホルモンの影響により骨盤が大きくゆがみやすい状態にあり、骨盤周りの筋力も低下している状態です。

おなかが大きくなるにつれて姿勢も変化するので、筋肉のバランスが崩れ、これらの緩みがゆがみを生じるといえます。

骨盤がゆがんでしまうと体には様々な不調がひきおこされることになります。

体に負担のかからない姿勢を維持することができなくなり、血流が悪くなり自律神経やホルモンバランスなどにも影響を及ぼします。

具体的な症状としては頭痛やめまい、むくみや冷え性、肩こり、腰痛などが具体例に挙げられるでしょう。

また基礎代謝が落ちるので痩せにくい体質になることにもつながります。

このように骨盤がゆがんでしまうことにより、全身に大きな影響を及ぼすことがわかります。

骨盤矯正を行うことで症状の改善が期待できる

もしもこれらの症状があらわれていて、その原因が骨盤のゆがみにあるのであれば、骨盤矯正を行うことにより、悩んでいる症状の緩和や改善が期待できます。

特に出産後にしっかり骨盤を整えることによって、妊娠前よりも美しい体を手に入れることにもつながります。

自宅で簡単チェック

骨盤がゆがんでいるかどうかは、自宅でも簡単にチェックすることができます。

まずは足を伸ばして座り、左右対称になるように姿勢を整えて骨盤をしっかり垂直に立ててみましょう。つま先同士をトントンと数回打ち付けて力を抜きます。この時につま先の開き具合を見てみましょう。

このつま先の開き具合は骨盤の状態を示しているといわれ、つま先が右に大きく開いているようであれば右の骨盤が開いていて、前後にずれが見られるのであれば、骨盤も前後にゆがみがあるということになります。

骨盤矯正ならはりきゅう接骨院 姿勢堂 松江院にお任せください

しかしこの方法はあくまでも簡易的なチェック方法であるため、精密なチェックはプロの手にお願いしましょう。

歪みが生じているようであれば骨盤矯正を受けることで、悩みの解消にもつながるかもしれません。

骨盤矯正ならはりきゅう接骨院 にお任せください。

骨盤の歪みを解消するなら


はりきゅう接骨院 姿勢堂 にお任せください。